お客さまから感想をいただきました。

防水工事をすることで、こんなに変わります。

before / after 01 before / after 02 before / after 03 before / after 04 before / after 05 before / after 06 before / after 07 before / after 08 before / after 09 before / after 10

東京都の方針「ヒートアイランド対策」として、都心の温度を下げようと取り組んでいます。自然環境に配慮するために、ヒートアイランド対策に関連する工事に対して「助成金」が出るようになりました。いつ終了するかわからない制度です。 今なら助成されますので、詳しくは本サイトに掲載している情報をご覧ください。

代表者近影 はじめまして、明和テック(株)・代表取締役の石川と申します。
当社は、防水工事を専門として30年以上携わってきた会社です。
 
工事の技術もさることながら、助成金を活用してできるだけオーナー様にメリットのある施工をおこなっています。
たとえば、次の金額差をご覧ください。

こんな思いをお持ちのオーナー様に最適です

屋上の防水をお考えになるときは、年数が経って「そろそろ・・・」というケースが多いでしょう。
私に相談にくださる方も、実際「そろそろ10年ぐらい経ったので・・・」という方が多いです。
 
ひとつの目安として、「年数」
そしてもうひとつの目安として、「屋上の状態」があります。

屋上がこんな状態になっていませんか?

なぜ、このように劣化するのか?

灼熱の太陽光 屋上は普段見ることがない場所です。
気に留めることもありません。
あるとしたら、雨漏りのときぐらいでしょうか?
 
しかし、すでにご存知のとおり屋上は建物の中でもっとも自然環境にさらされている場所でもあります。
 
1日中何かしらの影響を受けています。
 
灼熱の太陽にさらされることもあります。
豪雨に打たれることもあります。
積雪に耐えていることもあります。
 
また、寒暖の差で防水層が膨張と収縮を繰り返し、次第に劣化していき、漏水の原因になってしまうのです。
 
建築金額で言えば、数%にしか該当しませんが、もっとも建物を守るために働いている場所でもあるのです。
 
だからこそ、劣化しやすく、先ほどご覧いただいた「ひび割れ」等が起こるのです。
結果、雨漏りを発生させたり、建物の中を暑くさせることがあるのです。

さらに、見えないところで建物の中の劣化が進行しています。

「ひび割れ」等は見える部分なので、まだ発見しやすいですが、建物の中も変化しているので 注意しなければなりません。
 
たとえば、雨漏りになっていなかっとしても、防水層が破れているということがあります。
 
雨漏りとして目に見えるようになれば良いのですが、雨漏りとはならずに、防水層の劣化が進 行し、建物本体にまで影響し、柱の腐食や悪化につながってしまうのです。
 
劣化した壁 特に、鉄筋コンクリートの「鉄」は水に弱く、漏水が進行すると錆びてしまいます。
壁をつたって、鉄を錆びさせ、劣化されているおそれがあります。
コンクリートを壊す原因にもなるのです。
(専門的には「爆裂」と呼ばれます)
 
錆びてしまい、長い年月が経つと、支えるための“強度”に影響が出てしまいます。
 
建物の構造自体に大きな被害が出る可能性もあるのです。
見えないからこそ、気を付ける必要があります。

たとえば、地震が起こった場合

最近のことで言いますと、「地震」が影響を与えるひとつの要因になります。
東日本大震災が起きてから、地震に関しての意識が高まりました。
 
大きな地震でなくても、小さな地震であれば頻繁にあります。
その地震が起こったときに、建物も揺れ、中で亀裂が入ることがあります。
 
建物の中で、ちょっとした亀裂(ひび)を見たことはございませんか?
 
それが、見えないところでも起こっていて、水を通す原因になるのです。
(水が通るようになると、先ほどのように建物の構造を弱めてしまいます)

資産価値を落とさないためにも、防水工事で建物をしっかり守りませんか?

大きな被害を未然に防ぐためにもしっかりと防水しておく必要があります。
時間とともに必ず劣化するものなので、いつかは工事しなければなりません。
 
まだ建てたばかりであれば必要ありませんが、新築時から15年ほどか、前回の防水工事から10年近く経っている場合は、建物を守るための防水工事をおすすめします。
 
当社の特徴を後ほどご紹介しますので、ご覧いただき、「ここなら」と思えばご連絡くださればと思います。
(当社でなくても、防水工事はできるだけ早めにされることをおすすめします)

いまなら、防水工事の助成金が出ます。

そして、いまならなんと防水工事に関して、助成金が支給されます。
 
助成金といいますと、雇用の助成金や、太陽光発電の助成金というのが思い浮かぶかと思います。
実は、さまざまな助成金が存在していまして、その中で「防水工事」に関しても助成されるのです。
 
ただし、条件があります。それは、「高反射率塗料」を使用するということ。
 
ヒートアイランド対策の一環で、都心の温度を抑えるために、建物の温度も抑えようという動きがあります。
そして、建物の温度に影響するのが、「屋上」です。
 
その屋上に、高反射率塗料という、太陽の光を反射させる防水塗料を使用すれば、太陽光の50%以上を反射させ、建物内に熱が留まるのを防ぎます。
冷房の使用を抑えることもできます。
 
港区であれば、「港区高反射率塗料工事費助成制度」と呼ばれる助成金制度があります。
「屋上防水改修および屋根の塗り替え工事」に対して適用されるのです。
 
あなたも助成金を活用して、有益な防水をおこないませんか?

明和テック(株)に依頼する5つのメリット

メリット 1助成金を活用できる
当社にご依頼いただければ、区の助成金を活用することができます。
防水工事の助成金申請としては、おそらく最も多く申請している会社のひとつではないかと思います(担当者の方とも顔見知りになっています)。
また、助成金を申請する際の手続きは当社ですべておこないますので、手間などもかかりません。
メリット 2防水一筋35年、5,000件以上の実績
これまで日数にすると約1万日、防水と関わってきました。
毎年、数百件の工事をおこなってきましたので、他には負けないほどの経験量があると思います。
経験がすべてではありませんが、防水一本でやってきたからこそ分かることがあります。
専門だからこそ知っていることがあります。
メリット 3代表が最初から最後まで一貫して対応
たとえば、大手の総合建築業者さんの場合、「担当している方がころころと変わる」ということがあります。
大きな会社なのでそれぞれ分業しており、仕方がないことだと思います。
一方、当社では代表の石川が、お問い合わせから完了まで一貫して対応させていただきます。
最初から最後までやり取りをするからこそ、小さな事でもすぐに対応できるのです。
メリット 4これまで漏水などのトラブルゼロ
30年以上防水一筋であることはお伝えしましたが、今までおこなってきたすべての工事で「漏水」などのトラブルが起こったことはありません。
メリット 5屋上面積を正確に測定
当社では、屋上の面積をきっちり測った上で、お見積もりしています。
「そんなの当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、実は、会社によって本当の面積とは異なる見積もりをすることがあるのです。
だからこそ、ご注意ください。

まずは無料でお見積もりいたしますので、ご連絡ください。

まずは「屋上がどんな状態か?」を調査した上で、お見積もりいたします。
そのときに、助成金に関する詳細情報、「実際にどれくらい支給されるか?」もお話いたします。
ご遠慮なく、お問い合わせください。

防水工事に関するお問い合わせはこちらから 03-3782-2919 [9:00~18:00] 担当: 明和テック(株)/石川 「ホームページを見て…」とご連絡ください。 疑問点・不明点などもお気軽にお問い合わせください。 メールでのお問い合わせはこちらから

工事の流れについて

1. お問い合わせ
まずは、お電話にてお問い合わせください。メールでも受け付けています。
不明点についてもお気軽にご連絡ください。ご回答いたします。
2. 現場調査
お見積もりをご希望の場合は、現場の調査に伺います。
日程を調整の上、屋上を確認させていただきます。
面積などもきっちりと測ってお見積もりいたします。
3. お見積もり
屋上の現在の状態を調査したあとに、お見積書を提出いたします。
このときに、「どのぐらい助成されるか?」の助成金に関する情報もお伝えいたします。
4. ご契約
お見積もり内容がよろしければ、ご契約となります。
5. 区役所へ申請手続き(当社)
工事の着工前に、区への助成金申請の手続きをおこないます。
当社でおこないます。
オーナー様のほうで手続きすることはありませんのでご安心ください。
6. 工事開始
実際に、防水工事をおこないます。
防水に関する熟練の職人たちがビル・マンションの屋上を施工していきます。
7. 工事完了
工事期間は、そのときの天候や面積によって変わります。
特に、天候が思わしくない場合は、屋上工事はできませんので、長くかかる可能性もございます。
工事期間は通常1週間以内(実働4日~6日)となります。
8. 区役所へ完了の報告
工事完了後は。区へ必要書類を添えて報告をおこないます。
こちらに関しても当社ですべておこないますので、お手間は取らせません。
9. 助成金の支給
最後に、オーナー様に区から助成金が支給され、完了となります。

よくある質問

どんなときに防水工事をするべきですか?
一度でも防水工事をおこなったことがあるビル・マンションであれば、10年に1回というのがひとつの目安になります。
逆に、新築してから一度も工事をしていない場合ですと、15年ぐらいは大丈夫です。
ただし、防水層の状態・その場所の環境・最初の工事の仕方によっても異なりますので、詳しくはお問い合わせください。
どこまでが無料ですか?
お見積りまでは無料となりますので、ご安心ください。
ご契約いただかない限りは、費用は発生しません。また、しつこい営業はおこなっていませんので、ご安心ください。(私もしつこい営業は嫌ですから・・・)
どんな人でも助成金が使えますか?
はい。ヒートアイランド対策になります指定の塗料を使用することで、助成金の対象になります。
これまでたくさん助成金を申請してきましたので、実績も多数あります。
他の工事会社でも助成金はやっていますか?
割合としましては、助成金を活用している会社のほうが少ないです。
明確な理由はわかりません。
もしかすると、申請に関する手続きに時間がかかるため、おこなっていないところが多いのかもしれません。
(下請けでは申請できず、元請け会社だけ申請の権限があります。
複数の会社が絡んでいる場合は、ややこしくなるのかもしれません)
助成金の制度はこれからも変わらずありますか?
申し訳ありませんが、それはわかりません。
東京都の方針になりますので、必要ないと判断されれば廃止される可能性もあります。
また、少しずつですが、毎年制度の内容が変更されています。
部屋の中が暑いんですが、防水が原因ですか?
その可能性は高いです。ただし、断定はできません。
防水層の劣化により、建物の温度は確実に上がります。
しかし、体感温度もありますので、一概には言えません。
防水工事をすることで温度は確実に下がるのですが、屋上面積があまり広くない場合は実感しにくいかもしれません。
(逆に、屋上面積が広いと、実感しやすい傾向にあります)

最後に…

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。
 
私はこれまで30年以上防水に携わってきました。
ひょんなことから防水工事をおこなうことになり、それからは防水一筋で ずっとやってきました。
 
現場もたくさん見てきました。
業界の表も裏も知り尽くしていると自負しています。
 
それだけ長くしてきたからこそ、私はこの仕事「防水工事」を一生続けて いくつもりです。
死ぬまで、防水に携わっていきたいと考えています。
 
だからこそ、他の専門ではない会社には決して負けません。
もし、あなたが防水をお考えであれば、一度私までご相談ください。
 
お見積もりは無料ですし、その後、お断りいただいても結構です。
無理なセールスはいたしません。
 
防水のことなら、お気軽にご相談ください。
 
しかもいまなら、助成金を活用しながら、温暖化対策と電力削減がおこ なえます。
※ 助成金が活用できるからといって、必要のない工事を勧めることはあ りません。 明和テック株式会社 代表取締役 石川 達雄

注意事項
防水工事に関する助成金の制度については、いつ無くなるかわからない制度となります。
2009年にできあがってから、少しずつ制度の中身も変更されています。
だからこそ、もし防水工事をお考えであればお早めにご相談ください。
制度の最新情報については、お気軽にお電話ください。
防水工事に関するお問い合わせはこちらから 03-3782-2919 [9:00~18:00] 担当: 明和テック(株)/石川 「ホームページを見て…」とご連絡ください。 疑問点・不明点などもお気軽にお問い合わせください。 メールでのお問い合わせはこちらから