屋上のひび割れは建物内部からのSOSかもしれません。東京都の助成金を活用して 雨漏り対策&夏涼しく冬暖かい空間にしませんか?屋上のひび割れは建物内部からのSOSかもしれません。東京都の助成金を活用して 雨漏り対策&夏涼しく冬暖かい空間にしませんか?

ドクターに対し、グループコーチング研修を実施屋上がこんな状態になっていませんか?

もし、こんな状態になっているのなら、
雨漏りをしているのかも…。

「ポタポタ垂れてこないから、まだ大丈夫?」
いいえ、隙間から雨水が入り込み、
気づかぬうちに建物が腐食している恐れ
があります。そろそろ
防水工事を検討しませんか?

こんな想いをお持ちのオーナー様へ

こんな想いをお持ちのオーナー様へ

こんな想いこんな想い

古くなった屋上は、ひび割れや剥がれを起こしていて見かけが悪いのはもちろん、隙間から雨水が侵入し、建物内部の劣化に繋がるため、早めの対策が必要です。

防水専門の明和テック

ドクターに対し、グループコーチング研修を実施はじめまして、明和テック株式会社 代表取締役の石川達雄です。

当社は昭和54年創業、品川区平塚にて40年以上続く防水一筋の工事会社です。

これまで都内6,000件以上のビル・建物の防水工事を行ってきました。

防水工事が不十分であると、雨漏りや建物そのものの劣化に繋がります。

大事なお住まい、資産の強度が落ちてからでは、多額のリフォーム費用が掛かってしまいますし、何よりも万が一の災害のことを考えると心配だと思います。

安心して暮らしていくために、建ててから15年以上、もしくは前回の工事から10年以上経過している場合は、防水工事の検討をお勧めしています。

当社では、高い専門性と親身なサポートで雨から大切な建物を守るとともに、夏は涼しく冬は暖かい、快適な住まいを実現します。

≪屋上の防水工事には、ヒートアイランド対策のための助成金が使えます≫

お客様から選んでいただいている5つの理由

防水一筋40年以上

防水一筋40年以上当社は防水工事の専門業者としての確かな歴史と実績があります。

塗装など外観を良くするための工事を得意とする業者とは違い、地味ではありますが防水の専門家のため、建物の構造に関しても詳しく、経験に基づいた高い技術提供が可能です。

助成金の相談ができる

助成金の相談ができる東京都の「ヒートアイランド対策」として制定されている助成金を当社の防水工事に活用することができます。当社では助成金の対象である品川区、港区、新宿区、中央区、千代田区、北区、墨田区、台東区、江東区、葛飾区のすべてにおいて実績があります。

頻繁に申請を行っていますので、安心してお任せください。申請の手続きもサポートしますので、手間もかかりません。

代表が最初から最後まで
一貫して対応

代表が最初から最後まで施工会社によっては営業担当と現場担当が別だったり、担当者がすぐ変わったりすることで話がきちんと通っていないなど、なにかと不都合を生じることがあるようです。

当社では、一貫して代表の石川がお客様の担当者を務めます。

初回のご訪問時から専門的なご質問にもお答えできますし、その後もずっと担当が変わりませんので、見積もりの内容や施工前にお約束させていただいたことは最後まで責任を持ってやり遂げます。安心してご依頼下さい。

詳細までお見積もりを出す

詳細までお見積もりを出す当社のお見積もり書は明朗会計を心がけ、とにかく細かいのが特徴です。

材料名はもちろん重量が何kgで、厚みは何㎜というように詳細まで記載させていただきます。また、当社では屋上の面積の計測も正確に行った上で見積もりに反映させています。

「そんなの当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、中には本当の面積と異なる見積もりを出す会社もあるのでご注意ください。

【怪しい見積もりとは?】

ざっくりとした見積もりしか出さない

ざっくりとした見積もりしか出さないまずその料金が工事の実態と本当に合っているのかが分かりません。何か余計に盛られているものがあっても、詳細がないと調べることもできません。また、見積りの担当者が工事についての知識に乏しく、詳しく分からないために曖昧にしている可能性も。正確な見積もりを出さないと、後々追加料金が発生することも。

「足場代無料」などのサービス

「足場代無料」などのサービスその料金がどこかに転嫁されているだけかもしれません。無料サービスが付いていても、それ以外の料金が明らかでないのなら、お得とは言い切れません。

お見積もりや施工内容について、気になることがあれば何でもご質問ください。細部までしっかりとご説明させていただきます。

お客様との信頼関係を
大切にしている

お客様との信頼関係を大切にしている当社は正直・誠実をモットーにしています。

お客様との信頼関係を何より大切にしており、今まで40年間で6,000件もの防水工事を行ってきましたが、おかげ様でトラブルは一度も起きていません。

お客様の暮らしを支えるパートナーとして、末永いお付き合いができるよう心掛けています。工事が終わった後も、なにか気になることが出てきたらお気軽にご連絡ください。

お客様の声

防水工事をさせていただいたお客様から感想をいただきました。

  • 夏は体感で平年よりも5℃低く感じ、
    とてもすごしやすかったです。
    お客様の声
  • 防水は完璧で、心配なく過しました。
    お客様の声
    お客様の声

施工事例

施工事例before 施工事例 施工事例 施工事例after
施工事例before 施工事例 施工事例 施工事例after
施工事例before 施工事例 施工事例 施工事例after

防水をしっかり行っていないと…

防水を行っていないとどんな問題が生じるのでしょうか?

屋上は、強い日差しや雨風から建物を守る働き者屋上は、強い日差しや雨風から建物を守る働き者

屋上は、強い日差しや雨風から建物を守る働き者屋上は普段見ることがない場所のため、気に留めることもないかと思います。

ですが、屋上は建物の中でもっとも自然環境にさらされている場所でもあります。

灼熱の太陽や、雨風、積雪など。屋上は常に何らかの影響を受けています。

また、日本の気候では仕方のないことではありますが、寒暖の差により防水層が膨張と収縮を繰り返すことも、劣化や漏水の原因になります。

屋上はなかなか目には見えませんが、もっとも建物を守るために働いている場所でもあるのです。だからこそ、劣化が進みやすいのです。

先ほどご覧いただいた「ひび割れ」等の写真の状態を放っておくと、雨漏りが生じたり、建物の中を暑くさせたりすることがあるのです。

目に見える劣化だけではない目に見える劣化だけではない

目に見える劣化だけではないさらに、建物の中の劣化は、目に見えないところでどんどん進行しています。

「ひび割れ」等は目に見えるほんの一部分。 建物の中も変化しているので 注意しなければなりません。

たとえば、雨漏りになっていなかっとしても、防水層が破れているということがあります。目に見える雨漏りとはならずに、防水層の劣化が進行し、建物本体にまで影響し、柱の腐食や悪化につながってしまうのです。

特に、鉄筋コンクリートの「鉄」は水に弱く、漏水が進行すると錆びてしまいます。

壁をつたって、鉄を錆びさせ、劣化されているおそれがあります。コンクリートを壊す原因にもなるのです。(専門的には「爆裂」と呼ばれます)

鉄が錆びてしまい、長い年月が経つと、建物の“強度”に影響が出てしまいます。建物の構造自体に大きな被害が出る可能性もあるのです。見えないからこそ、気を付ける必要があります。

もし地震が起きたら…もし地震が起きたら…

もし地震が起きたら…気づかないうちに雨水が染み込み、建物内部の劣化が進むと建物の強度が弱まり、倒壊の危険が生じます。

また、大地震だけではなく、日本各地で頻繁に起きている小さな地震でも、建物に亀裂が入ることがあります。

大きな被害を防ぐためには、しっかりと防水対策をしておく必要があります。建物は時間とともに必ず劣化するものなので、いつかは必ず工事しなければなりません。

大きく劣化したり、漏水被害が起きてからでは多額のリフォーム費用が掛かってしまうため、新築時から15年以上または、前回の防水工事から10年近く経っている場合は、お早目にまずは一度、現地調査を受けることをお勧めします。(当社では無料です)。

“防水”と“塗装”は実は大きく異なります

塗装は、建物の美観の維持を目的にしています。
それに対して防水は、建物の防水という機能を保つための工事となります。

塗装工事では、雨漏りを防止したり、壁の隙間をなくしたりすることを目的としていないため、ひび割れなどが生じていても、補修をしないまま上から塗料を重ねるだけだったりします。

また、防水は、建物の構造を理解している必要があります。家を長持ちさせ、資産価値を低下させないようにするためには、上からただ塗り重ねる塗装ではなく、雨漏り対策のための防水工事がオススメです。

防水工事の主な3つの工法

一般的な防水工事に使われる3つの工法について比較してみました。

ウレタン防水
特徴
液体状のウレタン系樹脂を塗り、ゴム状で弾性のある防水層を作る工法。

長所
全面継ぎ目のないシームレスな防水層が実現できる。規定通り塗れば、高い防水性能が発揮できる。トップコートのカラーバリエーションも豊富。

短所
時間がかかるため、規定通りに塗っていない会社もある。また、所定の厚さに均一に仕上げるには職人の技術が必要。

下地の乾燥が不十分だったり、清掃不良や塗料の過不足があると、防水層が膨れてしまうなどのトラブルが生じる。
シート防水
特徴
防水シートを使って防水層を形成する工法。シートの素材は、合成ゴム系と、塩化ビニル系の2種類がある。

長所
広範囲に簡単に防水工事が施せる。

短所
障害に弱い。何もないところにしか適用できない。 また、接着剤の劣化によりシートの重ね合わせ部分から浸水することがある。
アスファルト防水
特徴
特殊樹脂※による三層のコーティング
※硬質ウレタンフォーム・速硬化型ウレタン樹脂・保護塗料

長所
古い屋根の上に特殊なコート剤を吹き付ける。

短所
溶融したアスファルトの異臭や煙を放つため、住宅密集地では近所迷惑になる恐れがある。また、高温作業が必要なため、作業中の火傷の危険性がある。

当社では、防水性能の高いウレタン工法を採用しています。

時間が掛かる上、職人の高い技術も必要ですが、もっとも効果が出せる上、どんな形状の場所にも適用でき、近隣にも迷惑がかからない工法なので自信を持ってオススメしています。

建物の価値を守りませんか?

建物の価値を守りませんか?資産価値を落とさないためにも、雨漏りに悩む前に防水工事を行いましょう。

今被害がないからと言って、まだ防水工事をしなくても大丈夫という根拠にはなりません。

ほんの小さな隙間から入った雨水に、
泣かされる前に…


とりあえず見てもらおうかな?という気持ちで大丈夫です。

ご相談いただき、現地調査、見積もりまで無料ですので、お気軽にご連絡ください。

施工の流れ

お問い合わせ~施工し、助成金が支給されるまでの流れ

お問い合わせ

お問い合わせまずは、お電話にてお問い合わせください。メールでも受け付けています。 不明点についてもお気軽にご連絡ください。ご回答いたします。

お問い合わせ

現場調査

現場調査お見積もりをご希望の場合は、現場の調査に伺います。日程を調整の上、屋上を確認させていただきます。面積などもきっちりと測ってお見積もりいたします。 ※お話もお聞きしているため立ち会いお願いします

現場調査

お見積もり

お見積もり屋上の現在の状態を調査したあとに、お見積書を提出いたします。このときに、「どのぐらい助成されるか?」の助成金に関する情報もお伝えいたします。

お見積もり

ご契約

ご契約お見積もり内容がよろしければ、ご契約となります。

ご契約

区役所へ申請手続き

区役所へ申請手続き工事の着工前に、区への助成金申請の手続きをおこないます。

区役所へ申請手続き

工事開始

工事開始防水工事をおこないます。防水に関する熟練の職人たちがビル・マンションの屋上を施工していきます。

工事開始

工事完了

工事完了防水工事期間は、そのときの天候や面積によって変わります。特に、天候が思わしくない場合は、屋上工事はできませんので、長くかかる可能性もございます。工事期間は通常1週間以内(実働4日~6日)となります。工事をおこないます。防水に関する熟練の職人たちがビル・マンションの屋上を施工していきます。

工事完了

区役所へ完了の報告

区役所へ完了の報告工事完了後は。区へ必要書類を添えて報告をおこないます。こちらに関しても当社ですべておこないますので、お手間は取らせません。

区役所へ完了の報告

助成金の支給

助成金の支給最後に、オーナー様に区から助成金が支給され、完了となります。

よくある質問

みなさんからよくいただく質問をまとめました。

雨漏りについて

外壁にヒビが入ってますが、そのままでも大丈夫ですか?
外壁にヒビ割れがある場合、そこから雨水が入ります。私たち人は体感しませんが、建物は風、自動車、トラック、地震等によって常に振動しています。そのとき、ヒビ部分が開いたり閉じたりするのです。そこに雨が当たると、雨水が吸い込まれるため、雨漏りが発生します。 雨漏りというのは必ずしもポタポタと水が垂れるケースだけではありません。雨水が壁の内部にとどまり、雨漏りの症状が出ない場合もありますのでご注意ください。特に鉄筋コンクリートの場合は、内部鉄筋が腐食し、建物の強度が低下しますので、ヒビ割れは早急に修理する必要があります。
いつもは雨漏りしませんが、強い雨風や台風時だけ雨漏りするのですが何故でしょうか?
通常時の雨は、垂直落下や斜め程度ですが、強風時は、同じ垂直方向でも上方へ立ち上がるものもあります。また、本来流れていた水が風により滞留したことにより、シール材の不良部、ひび割れ部分、欠損穴等に雨水が浸入して雨漏りをしていることが予想されます。
最上階の天井が雨漏りしている。原因は何でしょうか?
外壁に近い天井の場合は、外壁からの漏水と屋上防水不良、排水ドレンの不良が考えられます。どうぞお気軽にお問合せください。外壁から遠い天井の場合は、ほぼ屋上防水の不良が原因と考えられます。
サッシ廻りから雨漏りしている。原因は何でしょうか?
上部からの漏水は、上部サッシシールの不良、外壁がALCの場合は横ジョイント目地シール不良、クラック・欠損穴等が原因です。縦枠からの漏水は、ほぼサッシシールの不良が原因です。下部からの漏水は、サッシ水切りの両サイドの入隅の不良、水切り下端の不良が考えられます。
5階建のビルで外壁はタイル貼り、3階と4階の天井が雨漏りしている。原因は何でしょうか?
5階と4階にベランダがあり、ベランダ側の天井に雨漏りがある場合はベランダの防水不良か、サッシ廻りのシール不良等が考えられます。また、ベランダが無い場合は、外壁のひび割れ、外壁のジョイントシール不良、窓サッシ廻りのシール不良かも知れません。

雨漏り調査について

雨漏り調査はどんな建物でも可能ですか?
はい。20階建て以下なら対応します。
雨漏り調査は無料ですか?有料ですか?
無料です。当社のやり方で調査をさせていただきます。
調査したのに、雨漏りの原因が分からないことありますか?
防水経験の40年間の中で1件だけありました。
外壁が深目地タイル仕上げの建物です。何度修繕しても雨漏りが直りません。調査して貰えますか?
調査します。深目地タイル仕上げの物件については多数実績がありますので、安心しておまかせください。
外壁がALC(軽量気泡コンクリート)です。ひび割れが見当たらないのに雨漏りします。調査して直して貰えますか?
調査して、お見積をさせていただきます。まずはお問い合わせください。

その他のQ&A

どんなときに防水工事をするべきですか?
一度でも防水工事をおこなったことがあるビル・マンションであれば、10年に1回というのがひとつの目安になります。逆に、新築してから一度も工事をしていない場合ですと、15年ぐらいは大丈夫です。ただし、防水層の状態・その場所の環境・最初の工事の仕方によっても異なりますので、詳しくはお問い合わせください。
どこまでが無料ですか?
お見積もりまでは無料となりますので、ご安心ください。ご契約いただかない限りは、費用は発生しません。また、しつこい営業はおこなっていませんので、ご安心ください(私もしつこい営業は嫌ですから…)。
どんな人でも助成金が使えますか?
対象地域にお住まいの方が、ヒートアイランド対策になる指定の塗料を使用することで、助成金の対象になります。当社ではこれまで数多くの助成金を申請してきましたので、申請のお手続きについても安心してお任せください。
助成金の制度はこれからも変わらずありますか?
申し訳ありませんが、それは当社には分かりません。東京都の方針になりますので、必要ないと判断されれば廃止される可能性もあります。また、少しずつですが、毎年制度の内容が変更されています。
部屋の中が暑いんですが、防水が原因ですか?
その可能性は高いです。ただし、断定はできません。防水層の劣化により、建物の温度は確実に上がります。しかし、体感温度もありますので、一概には言えません。防水工事をすることで温度は確実に下がるのですが、屋上面積があまり広くない場合は実感しにくいこともあります。反対に屋上面積が広いと、実感しやすい傾向にあります。

まずは無料見積もり・無料相談まずは無料見積もり・無料相談

まずは無料見積もり・無料相談「そろそろ防水工事をした方がいいかも…」
「雨漏りしそう?いや、まだ大丈夫?」


とりあえず一回相談がしたい/見に来てほしい…という方も、お見積もりの提示までは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

無料見積もり・無料相談

相談、現地調査、お見積もり無料お電話でのお問い合わせは…

相談、現地調査、お見積もり無料お電話でのお問い合わせは…

最後に…

まずは無料見積もり・無料相談明和テック株式会社は創業から40年以上、正直と誠実を何より大切にしてきました。

なぜなら、お客様は防水工事のことを詳しくご存じないことが当たり前だから。もし、安価な材料を使ったり、雑に塗ったりしても分からないかもしれない…それって、本当に恐ろしいことですよね。

そして、もし防水工事に不備があれば、建物そのものを弱くしてしまいます。ですから防水工事に何より必要なのは、信頼関係に他なりません。

当社ではお客様との対話の時間・測量・見積もり作成、そしてご説明…と、施工前に行う作業にしっかりと時間をかけ、一つ一つお客様がご納得いただけるまで真摯に向き合います。

無料で行う施工前の私どもの働きを見て、信じられるかどうか?ご判断ください。

防水工事に対してとにかく真面目に向き合う当社の姿勢を、肌で感じていただけたら幸いです。

まずは無料見積もり・無料相談まずは無料見積もり・無料相談

無料見積もり・無料相談

相談、現地調査、お見積もり無料お電話でのお問い合わせは…

相談、現地調査、お見積もり無料お電話でのお問い合わせは…

屋上のひび割れは建物内部からのSOSかもしれません。東京都の助成金を活用して 雨漏り対策&夏涼しく冬暖かい空間にしませんか?